sig de sig

万年青二才の趣味三昧、走る、作る、観る、聴く、憩う。

完成画像 コルセアF4U-1a タミヤ1/72

F4Uコルセアは米海軍の艦上戦闘機として1940年5月に初飛行(タイフーン、鍾馗あたりと同期)

f:id:sigdesig:20200513104011j:plain
ダブルワスプエンジンの2000馬力のパワーを余す所なく発揮する直径4mもの巨大なプロペラと着、艦時の衝撃に耐える短く頑丈な主脚という、相反する二つの要素を同時に満たす解決策として採用された逆ガル翼は良くも悪くもコルセアの特徴となった。

f:id:sigdesig:20200512140809j:plain
欧州の戦訓をもとに翼内タンクを廃止したため、巨大なガソリンタンクはエンジン後方にしか持って行き場がなく、結果として操縦席は後方に下がり着陸時の視界が悪化してしまう。

f:id:sigdesig:20200513105222j:plain

逆ガル翼特有の大迎角の着艦時の失速特性の悪さもあいまって、艦上戦闘機失格の烙印を押されたコルセアは主に海兵隊に配備され陸上基地に展開。

f:id:sigdesig:20200512140334j:plain

このF4U-1aでは着艦性を少しでも改善する為、操縦席位置を上げ風防を大きくさらに尾輪も伸長させた。

f:id:sigdesig:20200512140119j:plain

着陸時の視界が良くなかったことがしのばれるアングル。カウリングはR-2800エンジンの直径ぎりぎりに絞り込まれ、オイルクーラー、過給器インテイクは主翼付け根に装備。

f:id:sigdesig:20200512141042j:plain

パネルはスポット溶接、外翼部分に羽布張りを多用する。他の機体には見られない独創的な設計、構造。

f:id:sigdesig:20200512140623j:plain

垂直尾翼水平尾翼より前にあるレイアウトは日本の零戦鍾馗などとは逆。そのためか垂直尾翼の動翼部分が占める割合が異様に大きい。

f:id:sigdesig:20200513104411j:plain

胴体下面の窓は爆撃照準用の名残か(試作時には外翼部分に空対空爆撃用の爆弾倉を持っていた)オイルクーラーやインタークーラーのアウトレットもあり、実に抑揚に富む下面。

f:id:sigdesig:20200512141006j:plain

その独創的な設計ゆえ実際の戦場においての運用に苦労したコルセアは、改良を加えるたびにさらにグラマラスな肢体を持つようになっていく。そこに本機の独特の魅力がある。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村