sig de sig

万年青二才の趣味三昧、走る、作る、観る、聴く、憩う。

恐怖の自立ETC装置の末路

秘密裏に進めていた「恐怖の自立ETC装置」によるインターチェンジ突破作戦。

モバイルバッテリーとの相性テストとなってシートをしょっちゅう取り外すのだが、シート下は少し走っただけでもかなり高温になっていると気づいてしまった。梅雨の最中なのに34度というフザけた気温ということもあるのだろうが…

モンスターの場合もともとシート下は発熱大魔王のレギュレーター様の御座所なのである。雨がしのげるということでドラレコやETCまでも居候させてもらっている。そこへさらにモバイルバッテリーを二つ追加する事となったわけだ。

モバイルバッテリーというのは多少なりとも熱を持つ。それは発熱大魔王には及ばないだろうが発熱小隊長くらいにはなるかもしれない。それを二つも押し込んでただでさえ風通しの悪いシート下をスシづめ状態にするのはいかがなものか。"松岡修造"をトイレに閉じ込めて、さらに"あばれる君"と"柳沢慎吾"を送り込むようなものである。暑苦しいことこの上ない。

f:id:sigdesig:20210513151931j:plain
中央に見える放熱板がレギュレーター(レクチュファイア)このあと一応放熱を考えてアルミのパンチング板で仕切ったりもしてみたが…

f:id:sigdesig:20210605172347j:plain

熱いもんは熱い…

やはりこの運用方法は考え直すことにした。大袈裟だ杞憂だ言い訳だといわれるかもしれないが、過熱によるレギュレーターのパンクはモンスターあるあるネタどころかドカあるあるめっちゃあるネタだ。当方も新旧で二回経験している。

いっそ受信機も全部ひっくるめてタンクバックに詰め込み、完全持ち運び可能なETCシステムはどうだろう。これは実はやってみた。

f:id:sigdesig:20210612181623j:plain

配線がむき出しだとまんま自爆テロリストなのでプラケースに納めている。ただしこのままだと防水、盗難などの懸念があるからやはり面倒はある。複数台のバイク持ちならメリットもあるかもしれないが…結局搭載し忘れた時に限って高速に乗りたくなる、なんてことになりそうな気もする。

いやしかし、よくよく考えてみれば高速道路なんてこの先そう何度も乗らんだろう。

ブログ主はそもそも信州に行くにも下道を選ぶような人間である。(吝嗇ということもあるがほとんどの成分がバカで出来ている)それにもはや単車も乗り手もロートル老老介護状態だ。

そう考えるとETC機器を改造したりする手間や面倒は到底ワリに合うものではない。元を正せば電装系からトラブル要因を切り離すためにやり始めたことだ。それがレギュレーターを危険な高熱環境下に晒すことになっては本末転倒も甚だしい。

高速道路なんざ胸ポケットにカード一枚入れておけば済むだけの話である。という訳で自立型ETCは諦めた。f:id:sigdesig:20210612181424j:plain

涼しくなってまた気が向いたら作動テストくらいはやってみるか・・・

 


 

モバイルバッテリーの怪

梅雨はまだまだ開けない。中休みなのか中だるみなのかなんだか知らないが、少し雨が降らない日があったので、モンスターを始動する。モバイルETC(エトセトラ)での官憲ゲート突破を試そうという魂胆。今回は始動直後からミスターエトセトラのスイッチを入れて準備万端、高速を目指して虎視眈々…だったのだが…

 

なんとインター入口に近づいたと思ったら、受信機のインジケーターランプがすうと消えた。

「てめえッ、ここまで来て怖気づきやがって!」とありきたりなセリフを小声で吐いてスイッチをオンオフしてみたがエトセトラの野郎は応答しない。仕方なくガレージに引き返す。ところがシートをはぐってUSBプラグの抜き差しをしてみるとケロっとした顔で作動しやがる。

「チッ、肝心な時には役に立たねえくせによう」と毒づいても始まらない。

調べてみるとどうやらモバイルバッテリー側でなんらかの制御をしているらしい。オンになってしばらくして給電量(圧?)が下がると自動的にオフになる様だ。バッテリーの持続時間を増やすための涙ぐましい努力だろうが、一旦オフになると接続機器側のスイッチ操作は受付けず、USBプラグを抜き差ししてやらないといけない。

それならゲート直前でスイッチオン、通過後すかさずオフにして出口手前で再度オン、とやればいいのだが、毎回毎回そんな面倒な手順を守れるくらいなら今ごろどこかの会社の庶務課長くらいにはなっているだろう。忘れる、まず間違いなく忘れる。

忘れるとどうなるか。インター出口前でバイクを脇に寄せてシートを取ってUSBの抜き差しせねばならない。控えめに言ってもアホの極みである。現金かカードで払った方が余程スマートだ。

f:id:sigdesig:20210605172547j:plain

なんとなくだんだんヤル気が失せて来た。とりあえず家にあるモバイルバッテリーを一つづつテストしてみる。

USBが二口あるタイプのものだと今度はドライブレコーダーが途中で止まる。優先順位はドラレコの方が遥かに高いからそれはダメだ。中にはそもそもエトセトラを起動出来ないモバイルバッテリーもある。電圧や容量などの性能やメーカーによる訳ではないのでエトセト機器との相性かもしれない。元々「やったらあかンで」と言われていることなのでこの辺はメーカーに聞き様もない。ひょっとしたら当局のエージェントの指示でモバイルバッテリー駆動が出来ないプログラムが組み込まれている…わきゃないだろうが…

f:id:sigdesig:20210605172347j:plain

当然、適当な時期に充電してやらねばならない。めんどくせえなあ…
f:id:sigdesig:20210605172404j:plain

仕方ないので梅雨空の田んぼなどを眺めに行く。

f:id:sigdesig:20210605172411j:plain

ドライブレコーダーはまだ傾いている。左上の黒い影はフロントのカウル。相当広角であることがわかる。これなら左側から信号無視のダンプが突っ込んで来ても証拠は残るだろう。ただし左上方からグラマンヘルキャットに襲われたらアウトだ。

ドライブレコーダーテスト

モバイルETC(エトセトラ)による公権力突破実験は未遂に終わった。ウィンカーだのカウルだのとちょっとしたマイナートラブルが続いたからだが、ひょっとするとあれは当局のエージェントによる陰謀かもしれない、と考えを巡らせているブログ主である…アホカイナ。

しかしながらドライブレコーダーの作動は確認できた。

f:id:sigdesig:20210525105000j:plain

カメラは右側のカウルの下にステーを介して取り付けておいた。左側が映らないかと思ったがさほど問題はなさそうだ。
f:id:sigdesig:20210525103832j:plain

モニターがないので何度もテスト走行してカメラの調整をする。スマホで接続できるハズなのだが、OSのバージョンの相性かどうにもアプリがうまく動かない。こういうところはチューカ製品では文句の持って行きどころがない。安いから、と諦めないと仕方ないのか。

f:id:sigdesig:20210525104526j:plain

防水スイッチはハンドル左側に装着。思っていたのとは上下逆、更に言えば本当はスイッチボックス横が良かったのだが、クラッチレバーやオイルタンクとの取り合いの関係でこうなった。走行中に操作するわけではないのでまあヨシとする。

f:id:sigdesig:20210525104541j:plain

切り忘れ防止のためにレコーダー作動中は光る。

f:id:sigdesig:20210525104835j:plain
それでも忘れてこんな動画が撮れてたりする。

自分が動いているところなどあまり見たことがないので、しょっちゅう鼻をいじってるよなあオレ…とか妙なことに気づいてオモシロイ。

これを見ていて治安の悪そうな所では駐車時にあえてドラレコを作動させっぱなしにして防犯カメラとして使うのもいいかもしれない、と思いついた。ただし後方カメラの備えはないので後ろから忍び寄られたらお手上げだ。

同様に後方からの煽り運転にも対処しようがない。まあ、アホな四輪の近くは走らないに限る。ニュースを見る限り"煽り運転"をする車種というかクルマの"顔"には大体の傾向がある様に思う。

f:id:sigdesig:20210527151227j:plain

こーいうのや…

f:id:sigdesig:20210527151243j:plain

こーいうのである…
この手の顔つきの車がミラーに映ると誰しもなんだか恫喝されている様な気がするのではないだろうか。"そのこと"はそういった車のオーナーも潜在顕在を問わず認知して選んでいるはずであり、つまり倨傲な精神性を内面に持つハードスタンスなドライバーである蓋然性が高いと言えるだろう。何かの折にそれが過激に発露され"危険な煽り運転"となってしまうと推測される。


逆に、

f:id:sigdesig:20210527152400j:plain

こーいうのや

f:id:sigdesig:20210527152434j:plain

こーいう顔の車の場合、

ドライバーはまずもって誰かを必死に追っかけ回したりする性格ではない、という予測が立つ。なので単車乗りの長生きのコツとしては、ムルティプラやアミを高速道路で見かけたらその前を走る、ということになる。…アホカイナ。

 

さてエトセトラ(ETC)にもスイッチを付けた。

f:id:sigdesig:20210525104909j:plain

メーターケースの上だ。作動中は右側の受信部が光るのでインジケーターは不要。防水スイッチではないがカウル内なのでまあ大丈夫だろう。この辺はアバウトでいいのが車庫飼いの楽なところ。

f:id:sigdesig:20210525104940j:plain

 「ククク、こいつを押せばドカンといくぜ…」

梅雨が明けたらテストしてみよう。

マイナートラブルに阻まれて

さて改造手術によりモバイルバッテリー化したドライブレコーダー、エトセトラ(ETC)を手にいれたカゲキ派残党sigである。

f:id:sigdesig:20210523215542j:plain

モバイルバッテリーの隣が発熱大魔王であるレギュレーターなのでシート下に熱抜き穴まであけて準備万端だ。

「こんちくしょう、権力のイヌどもめ、ブッ飛ばしてやる」

などと物騒なことを口走りながらインターチェンジ目指して勇んで飛び出した。

ドカドカドカーッ!!…グワングワンぶるぶるぶる…

「おいおい、なんだか視界が変だぜ」
見るとカウルが猛然とわなないている。別に180km/h出しているわけでもないのにどうしたことか。バイクを止めて点検すると果たして、アルミのステーが破断している。

「…って何で?」

「…振動で」

何年か前にツーリングの帰りにも同じ事があった。

この後、知り合いの鉄工所アイアン・アーティスト"HIGE"氏の所でスチールのステーに取り替えた、つもりだったのだが、一部アルミが残存していた様だ。 こんな状態で突撃してハイウェイスターとなっていたらエライ目にあってたところだ。

f:id:sigdesig:20210523183711j:plain

この後スゴスゴ引き返してシャッターのガレージを下ろす。

f:id:sigdesig:20210523183832j:plain

そういえばつい先日ビキニカウルが垂れ下がっているのを治したばっかりだった…

sigdesig.hatenablog.com

ここでも書いたがこのビキニカウルは純正ではない。無理やり付けているから今回のトラブルもまた、ドカティ社およびモンスターには責はない。アホな持ち主が勝手にDIYでカスタマイズしたしっぺ返しなのである。

あちこちのビスやナットを締め直し再度固定。足りないところはもうタイラップで無理やりしばりつける。 修理で数日ガレージで過ごしたモンスターをまた引っ張り出した。

「こんちくしょう、権力のイヌどもめ、今度こそブッ飛ばしてやる」

やり場のない怒りに口を捻じ曲げながらバイクにまたがる若者ジジイ一匹。

ドカドカドカーッ!!…コンッコロコーンコ-ン

「おいおい、何か落ちたぜ」

ハッしと見るとバックミラーの中で丸い小さいものが転がっていく。

「何なになに?」

前を見ると右前のウィンカーが寒風ふきすさぶなか電球むき出しで泣いている。

「ありぁウィンカーカバーか!」

車にでも踏まれたらコッパミジンになってしまう。慌ててバイクを止めてブーツでドタドタ走って戻る単車乗り。道端にコロコロ転がってケタケタ笑ってるウィンカーカバーをかっさらうように拾う。二個あるうちのビスが一個しか付いていない。

あたりを見回したがそれらしきものは見当たらず。そもそもビスはずいぶん前に落ちていたのだろう。

「って何で?」

「…振動で」

 あらゆるところのビスが振動で緩んで落ちるのはモンスターあるあるネタだ。

f:id:sigdesig:20210523185626j:plain

これが問題のウィンカーカバー。これまた純正に非らず。今回のトラブルもまたまた、ドカティ社およびモンスターには責はない。いかにも拙者のDIYじゃ。 なんとも面目ござらん。

自宅から出てすぐだったので、スゴスゴ引き返してガレージのシャッターを下ろした。全てのウィンカーを点検すると取り付けがアマくなっているのがもう一箇所。よく見るとビス穴のプラが欠けている。

「…って何で?」

「…振動で」

やれやれ。

オークションで入手したウィンカーカバーと交換。念の為ステンの皿ビスも調達した。物によって微妙に長さが足りないのだ。これで大丈夫。

「こんちくしょう、権力のイヌどもめ、今度という今度はもう絶対ブッ飛ばしてやる」

…と思ったら近畿は梅雨入りしていた。

 

仕方がないので晴れ間を掠め取る様にして近くの堤防公園を目指す。なれどもこのご時節、駐車場はすべて閉鎖されているのであった。ここにも権力の手は及び自由を阻まんとするのか。我々希望に満ちた若者ジジイの老後は行くあてもない。嗚呼。

f:id:sigdesig:20210523213454j:plain

またも土手から、高速道路を睨むモンスターの図。

「いまに見てろ、コイツで突入してやる…」

 

 

Stand alone Drive Recorder,etc

さっそくSADR(勝手に名付けた)Stand Alone Drive Recorder=自立型ドライブレコーダーを配線工作してみた。

配線といってもモバイルバッテリーにUSBを挿すだけである。しかしこれではレコーダーが常時回りっぱなしになる。休憩時や食事の間は無駄だから止めておきたい。レコーダー本体に小さなスイッチはついているが、シート下なのでいちいち操作するのは面倒だ。

レコーダー自体は防水らしいので手の届くところに移設すれば良いのだろうが、このビジュアルが目に入るのはどうしても自分は許せない。塗り潰そうにもこのウチュージンの目が赤く点滅するのである。最低のセンスだ。買った当時は性能で選ぶとこれしかなかったのだ…

f:id:sigdesig:20210505130051j:plain

というわけで一計を案じて手元にスイッチを配することにした。パイロットランプ付きにしたのは、きっとつけ忘れたり消し忘れたりするだろうと思ったから。ブログ主は幼稚園の頃からの忘れん坊なのである。

Qiilu ヘッドライトフォグスポットライトON/OFFスイッチ バイク電装用スイッチ 防水 12V 22mmハンドルバーオートバイ用

接続はビキニカウルの裏側あたりなので防水カプラーを使う。これもネットでチューカ製品が安価で買える。

GTIWUNG 10キット 2ピン 防水 コネクター カプラー 防水のコネクタセット オス&メス防水コネクタ 2ピンの防水のコネクタのプラグ 車 オートバイく用

説明書の類が全く付属しないので最初は手こずった。差し込む金属端子の向きを間違うと後でスポリと抜ける。どちらでも挿入できてしまう設計がフールプルーフになってねーんだよッ!などとフールが叫んでも仕方ない。安いのにはなにかしら訳があるのだ。カシコが正しい向きで挿入すればカチッと音がして抜けなくなる。備忘録として画像をあげておく。

f:id:sigdesig:20210513134629j:plain

f:id:sigdesig:20210513134649j:plain

良い子は精度の高いエーモンなどを買っておく方が無難だ。このチャイナカプラーの防水性能がどれほどのものかはわからない。モンスターは屋内ガレージ飼いであるし、大雨のさなかツーリングを決行するほどの筋肉脳でもなし、という事で能天気に構えておく。

さてこの配線をドラレコの給電経路に割り込ませるわけだが、USB延長コードをかませてそちらから分岐することにした。ドラレコ本体のコードでしくじったらパーだからだ。ブログ主は生まれ付きのドジなのでこの辺は用心深い。

手始めに家にあったUSB延長ケーブルは被覆を剥いてみる。

f:id:sigdesig:20210507113230j:plain

とかなり細いケーブルでちょっと心もとない。ドラレコなら電気容量自体は大したことないだろうが、少し引っ張られたら切れそうだ。USBにもいろいろ規格があるようなので急速充電タイプを買い直す。

RAMPOW USB延長ケーブル【USB3.1 Gen 1/保証付き】5Gbps高速データ転送 USB A(オス)-A(メス) USB延長コード 0.5M

今度はケーブル自体は太かったがシールドケーブルだった。まあなんとか結線はできたが、もちろんこんな事は不良のやる事で良い子は真似をしてはいけない。ま、何かあったとしてもスタンドアロン(=独立)だから被害はバイクには及ばないが…

事前に配線図を描いておくのは作業中にあれこれ悩みたくないからだ。ブログ主は小学生の時分からパー…いやいや頭の中だけで物を考えることを苦手としている。この歳になるとさらにボケ…いやいやその傾向が強まってきている。

f:id:sigdesig:20210506155141j:plain

配線回路図よりも実際のコードやコネクタの取り回しを反映させたポンチ絵の方が便利だ。最近ではiPadのノートアプリが使いやすい。ま、最後は現物あわせになるのだけれど…

さらに今回この圧着型接続コネクタを初めて使ってみた。

 

ニチフ端子工業 圧着型中継コネクター(20個入り) NDC2420

ギボシだとパーツのオスメスを合わせたり、被覆を剥いて電工ペンチでカシメたりと面倒だが、コイツは何も考えなくていい。コードを突っ込んでただプライヤーではさむだけでOKだ。雌雄同体だからどれとでもくっつくし連結も出来る。ただし線が細すぎると抜けたり接触不良を起こしやすいので、そういう時は半分剥いて折り返しておく。

また分岐に使ったのはこのタイプ。

f:id:sigdesig:20210513133920j:plain
なんだか駆逐艦の砲塔みたいな形をしている。被覆を剥く必要はあるが、レバーを倒すだけで太さの異なるコードが接続、分岐可能でやり直しも簡単である。

f:id:sigdesig:20210506155315j:plain

電気工作中。こういうことはキライではない。 

f:id:sigdesig:20210506160255j:plain

手頃なケースを探して穴をあけ、そこへごちゃごちゃをぶちこむ。ドラレコは完成。

次に etc…エトセトラの方も同じ要領でモバイルバッテリー駆動を企む。etc…エトセトラが何なのかについては、むろんグレーゾーンなのでここに詳しく書くわけにはいかない…が、ともかくもStand Aloneなのである。あらゆる束縛から自由だ。

f:id:sigdesig:20210513150406j:plain

夜更けに一人で密かな電気工作…なにやら時限爆弾を作ってる過激派の気分になってくる…

f:id:sigdesig:20210513150056j:plain

ククク、こいつで政府の犬どもに一泡吹かせてやるのさ。

f:id:sigdesig:20210513151931j:plain
そして夜中にモンスターのシート下にブツを仕掛ける。


これでヨシ。次は予行演習だな…フッフッフ…