sig de sig

万年青二才の趣味三昧、走る、作る、観る、聴く、憩う。

「CR42ファルコ」主力機の謎

さて 「R計画」コンペ自体はマッキ社のMC200"サエッタ"(稲妻)が最優秀となり採用された。


f:id:sigdesig:20190803205552j:plain

MC200 サエッタ


同じエンジンの似たような構成の機体のフィアットG50フレッチアに比べて30kmも優速でなおかつ視界も運動性も良好だったので順当な選定だろう。シュナイダーカップで勇名を馳せた名設計士マリオ・カストルディが徹底した空力処理を施した結果だろうと思われる。

ちなみに一回り大きいエンジンを積んだレジアーネ社のRe2000はさらに高性能だったが翼内燃料タンクを装備していた事を危ぶんだイタリア軍が落選させた。仕方なく北欧などに売りさばいたのだが、日本海軍に持ってきたら採用されて一式陸攻と"ワンショットライターズ"というやや剣呑なコンビを結成していたかもしれない。

R計画で全金属低翼単葉戦闘機刷新に向かうイタリア軍に水を差したのは「新兵器の実験場」と呼ばれたスペイン内戦だ。イタリアが派遣した戦闘機のうち人民軍の低翼単葉のI-16相手に大戦果を挙げたのは先行生産配備されていた最新鋭のG50ではなく、なんと旧式の複葉固定脚機のフィアットCR32の方だった。

f:id:sigdesig:20191121160524j:plain

I-16

f:id:sigdesig:20190803232617j:plain

CR32

スペイン内戦ではドイツの最新鋭、全金属低翼単葉機のBf109もI-16を圧倒しているはずだが、そっちの方はあいにくイタリア人の目に入らなかったらしい。連中、美人以外は目に入らないのか。そういう経緯もあってここに複葉固定脚機 ブームがイタリア軍内にリバイバルした。

現場パイロットと戦闘機開発側による格闘戦至上主義論争は日本陸軍の一式戦採用時の足踏みなどにも見られて興味深い。

たしかに、パスタ食べてワインばっかり呑んでる呑気なイタリア人が古い複葉戦闘機での巴戦の方が気に入って、骨董趣味の英国人のグラジエーターやソードフィッシュなどと地中海のマルタ島の田舎でどっちもどっちの複葉芋洗い決戦をした、というのは酒場のネタとしては面白い。

しかし個人的にここにもう一点、ファルコが開戦時の主力機とならなければならなかった要因があるのでは、と考えてみた。

もちろん何らの史料的正当性もない。極東の片隅で阿呆なオッサンがプラモ片手にウロンな考えをひねくりまわして思っただけのことだ。ま、どっちにしたって秋の夜長のワイン片手のヨタ話には変わりない。

f:id:sigdesig:20191108110505j:plain

R計画の勝者であるマッキ MC200サエッタには実は機体に空力的な問題を抱えていたことは良く知られている。(イタリア機マニアには、、、)

急旋回時などに回復不能な錐揉み(フラットスピン)に入ってしまう、という欠陥だ。おそらくは気流の剥がれや翼端失速などからくる不意自転で、これにより二件の死亡事故を起こして全機飛行停止処分を食らってしまったのである。(これにはフィアットの陰謀説もある)

しかし、MC200サエッタだけならともかくR計画に参加した全てのイタリア製低翼単葉戦闘機は大なり小なり同様の傾向があったらしい。これはすでにR計画コンペの時点で大きな問題になっていた、というからイタリア空軍首脳は頭を抱えたろう、いや頭を抱えてワインを飲んだろう。

「翼が一枚の戦闘機で空戦するなんて危なっかしい」というイタリア人パイロットの不安は不幸にも的中したわけだ。このMC200サエッタの空力問題がようやく解消されたのは1940年。イタリアの参戦は目の前に迫っていた。この時点で空中戦機動ができる低翼単葉戦闘機を空軍は持っていなかったことになる。

これが保険機だったコンベンショナルなフィアットCR42ファルコが急遽採用され、MC200に代わって主力機になった最大要因ではないだろうか。デートの前に勝負パンツ履こうとしたら大穴が開いてたので古いサルマタ引っ張り出してくるようなものだ。

ところがいざマタを開いて、じゃなかったフタを開いてみるとこのファルマタ、じゃなかったファルコがイタリア戦闘機中最大の生産量を達成する主力機となった。

当初の相手が旧式のグラジエーターやI-16だった事もあったが、その後もなんだかんだと使い続けられ、イタリア敗戦後もあの頭の硬い一撃離脱主義者のドイツ人が生産を継続し鉄十字をつけてルフトバッフェで使用されたのである。

f:id:sigdesig:20191126143635j:plain

もっとも当然戦闘機としてではなく、以前も書いたが小さな島や砂漠地帯の荒れた小さな飛行場での運用や、夜間騒乱の爆撃など、HS-123と同様複葉固定脚機ならではの活躍の場があってのことだろう。


実戦配備の軍用機に求められるものは性能の良さだけではなく、信頼性や安定性、戦場での使い勝手の良さも重要なことだという証左でもあるだろう。永遠の二線級であるハリケーン、P-40、隼などもそのよい例なのかもしれない。

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村