sig de sig

万年青二才の趣味三昧、走る、作る、観る、聴く、憩う。

D510-3「デボワチーヌの下拵え」エレール1/72製作記

蘇生したデボワチーヌの下面にファレホメカカラーの銀+少量のブラックを筆塗り。比率は大体このくらい。

f:id:sigdesig:20210114123303j:plain
皿にしているのは百均で買ったお弁当おかず入れシリコンカップ
洗えばキレイに塗料が落ちるのはいいのだがホコリがつきやすいので塗料用には不向き。オススメしない。

ファレホメカカラーを水でシャブく薄めて大きめの平筆で縦横斜め斜め縦横と塗り重ねる。これを2セットくらいで下地が隠蔽でき、筆ムラもあまり感じない。なぜか色鉛筆みたいな匂いがする。

f:id:sigdesig:20210114124123j:plain
シルバーはホコリがつくと目立つのでドライヤーでの強制乾燥を併用した。数年に一度の寒波とやらの最中だったから乾燥が遅かったのかもしれない。我が工房はランカスターの後部機銃のごとく寒いのである。

f:id:sigdesig:20210114124100j:plain
しかしやはり…銀塗装では主翼の凸モールドが強調されてしまう。これではなんだかまるで羽布張りみたいだ。デボワチーヌD500シリーズは全金属翼で意外と当時の最新モードだったのだ。「アラ失礼しちゃうわネ、グラジエーター君みたいなジャガイモ男子とは違うのよ」

f:id:sigdesig:20210107102122j:plain
ということなので主翼の凸モールドもペーパーで落としてスジボリ、リベット打ちだ。

f:id:sigdesig:20210107102332j:plain
主翼のパネルラインは1/2間引いてリベットのみでアッサリ目に。銀塗装だと特に主翼はウルサク感じる恐れがあるから、これで様子を見る。

資料によるとこの機体はflush rivetsとあるから沈頭鋲だ。写真を見てもその様に思える。この点でも当時最先端である、意外にも。しかし世界初の沈頭鋲採用機とされているハインケルHe70の初飛行は1932年12月。デボワチーヌD500の初飛行はそれより6ヶ月早い。デボワチーヌの沈頭鋲は後年の改良型のD501以降に採用されたのだろうか?

f:id:sigdesig:20210107102246j:plain排気管後方のサメのエラみたいなルーバーは彫刻刀で刻み込む。サメと違って前向きに開口しているから空気取入口だったのだろう。

というわけで塗装の下準備は整った。

スジボリ作業中に水平尾翼がとれてしまった。やはりあのか細い真鍮線では持たなかったのだ。どうせまた取れるからこれはマーキングを描いてから付けるとしよう。やや複雑な脚周りなども塗装後とする。エアブラシではないので部分塗装でもさして問題はない。

考えてみれば筆塗りなら何も全部組み立ててから塗装せねばならんということもない。最新のタミヤなどのハメ合わせの良いキットであればパーツ状態で筆塗り、なんならマーキングまでしてその後に組み立てて、接合部は軽く修正してタッチアップ、という段取りも不可能ではないかもしれない。そう言えば小学生の頃はそんな作り方をしていたものだ。

このままどんどん退行していって最後には赤ちゃん返りするのかもしれない…

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村