sig de sig

万年青二才の趣味三昧、走る、作る、観る、聴く、憩う。

完成画像 F6F-3 ヘルキャット ハセガワ1/72

F6Fグラマンヘルキャットは1942年6月に初飛行。 同時期に初飛行したのはホーカー・テンペスト紫電など。

f:id:sigdesig:20200626165246j:plain

2000馬力のP&W ダブルワスプ、F4Uコルセアと同じエンジンを搭載。胴体には巨大な燃料タンクが内蔵され、その上の高い位置に配置した操縦席が特徴。

f:id:sigdesig:20200626165447j:plain

新奇で野心的なコルセアに対して保険機として手堅く無難にまとめた、といわれるヘルキャットであるが、立体として手にしてみると同社のF4Fワイルドキャットとほぼ同じコンセプトの正統進化形であると気づく。

f:id:sigdesig:20200626165306j:plain主車輪の幅が狭く着艦性能に難があったワイルドキャットの中翼レイアウトを低翼化し、タブルワスプエンジンを搭載すればこの形になる。

f:id:sigdesig:20200628160009j:plain

F6F-3,F6F-5と改良されたがほとんど見分けがつかない程度の変更に留まっている。多少の性能向上のために生産ラインを乱すよりも数で押し切る方が有利と判断したのだろう。
f:id:sigdesig:20200626165822j:plain
艦上戦闘機として要求される離着艦時の良好な視界、扱いやすさが窺われる。さらにこの大面積の主翼は高い操縦性能と航続距離をもたらした。

f:id:sigdesig:20200626165740j:plain

翼面荷重も他の連合軍機ほどは高くなく、旋回性能もそこそこ優れていた。一方、速度性能は600km/h程度と2000馬力クラスとしては物足りないが、それでも零戦52型などに対して30km/h以上優速であり、日本機キラーとしては必要十分な戦闘機であった。

f:id:sigdesig:20200626165613j:plain

さらに生産性、整備性、耐久性にも配慮し、航空機としてよりも”兵器”として優秀であろうとした。言い換えれば合理主義の権化、それがヘルキャットのイメージだ。
 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村