sig de sig

万年青二才の趣味三昧、走る、作る、観る、聴く、憩う。

「褪色水綿棒の術」F4U-1コルセア-7

褪色表現のため水に浸して柔らかくした綿棒を手に持ったはいいが、最初の一手がなかなか踏ん切りがつかないでいる。

f:id:sigdesig:20200427120129j:plain

……コオロギよ、恐れる事はない。お前の内なる魂に刻まれた実機写真の褪色具合を思い浮かべるのだ。心の感じるままに無用なものを洗い流せば、真のコルセアが現れるだろう。

f:id:sigdesig:20200427120614j:plain

… そうか。テキトーに、心の感じるままに褪色させていこう。

f:id:sigdesig:20200427120318j:plain

格子状のスレハゲは先を斜めにカットした爪楊枝などを使う。キコキコやってるうちにプラ地が出て光ってしまうので、極薄シーブルーの筆でさっとひと撫でしてドライヤーをかけて誤魔化す。

f:id:sigdesig:20200427120744j:plain

アクセスパネルや可動部なども爪楊枝を使ってエッジを剥がしてみる。

自分も以前はパネルラインに沿ってシャドウを吹き付ける、という褪色表現をよくやっていたが、なんとなくCGみたいだと常々思っていた。場所によっては逆の方が実感が出るのではないだろうか。

f:id:sigdesig:20200427120818j:plain

さらに内翼に雨だれの跡をつけてみたり、

f:id:sigdesig:20200427120942j:plain

、、、カウリングに調子をつけてみたり。しかしこのハゲチョロ工程が無性に面白いのは何故なんだろう? 

こうなると平板かつ単調なインターミディエイトブルーが見劣りするように思えてきた。
これじゃあカッコ悪いからイエローで抑えてやろう。

f:id:sigdesig:20200427124717j:plain

……ホー先生、難しくてうまくできません。ウエザリングマスターと違ってガッシュでは黄色が粉っぽく残ってしまうのです。

f:id:sigdesig:20200427124839j:plain

……ムクドリは自分の羽が茶色だからといって恥じたりするだろうか?ありのままの姿で良いのだ。

f:id:sigdesig:20200427125045j:plain

うんまあ、埃汚れに見えないこともないか……下面にオイル汚れ跡などを加えて……

f:id:sigdesig:20200427125154j:plain

胴体など褪色してない部分に極薄ネイビーブルーを重ねてメリハリをつける。

次は懸案の国籍マーク。無心で

 

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村