sig de sig

万年青二才の趣味三昧、走る、作る、観る、聴く、憩う。

「逆さカモメの碧き翼 」F4U-1コルセア-5

国籍マークの方針が決まったので前回の零戦52同様、極薄ガッシュを重ねていく。

上面色 中塗り

f:id:sigdesig:20200427113937j:plain

平筆を使ってパネルごとにシーブルーを乗せる。

f:id:sigdesig:20200427114051j:plain

筆はパネルラインで止め、余った絵の具をスジボリに流し込む様な感じでやっている。
最初のうちは絵具が流れやすく、母なる地球の引力によって下に溜まる。なので早めにドライヤーをかけている。ドライヤーの温風をあてるとみるみるうちに、といった感じで絵具が乾いていく。絵具溜まりが出来そうになったらただちにドライヤーを止める。

f:id:sigdesig:20200427114251j:plain

面白がって「乾け乾け!もっと乾くのじゃーウワハハハー」などと熱風をあて続けると……

f:id:sigdesig:20200429115210j:plain

絵具溜まりがそのまま色濃く残って固まってしまう(エルロンの横)
これは放置すれば禍根を残す。

f:id:sigdesig:20200427114518j:plain

いったんマジックリンで落として…

f:id:sigdesig:20200427114555j:plain

下地からやり直す。
この「やり直す勇気」がなかなか出せない自分なのだが……

f:id:sigdesig:20200427114716j:plain

3回目位になると絵具を薄めていく。絵具のノリが良く、かつ乾燥が遅くなってくるので流れない。絵具溜まりも最初ほど神経質にならなくても自然にうまく馴染む。水平尾翼、片方の主翼、胴体、とブロックごとに塗っていくと、次のブロックを塗り終わった頃には前のブロックが乾燥しかかっているのでドライヤーは遠くからごく軽く、乾燥をうながす程度でいい。

成長するにつれ段々と手がかからなくなってくるのが子供みたいで面白い。

f:id:sigdesig:20200427114803j:plain

このあたりから脳内のコルセアのイメージを辿りつつ褪色のメリハリを考えて塗っていく。バランスを見ながら少しづつ部分的に塗り重ねる。手がかからなくなる分、頭を使うことになっていくのも子育てに似ている、とこれは牽強付会

今回は全て平筆でパネル内はフラットめに塗る。零戦52型の時は「筆ムラ上等!」とばかりに面相筆で細かくタッチを残すように塗っていたが、あれは東洋の小国のイナカっぺ飛行機特有の外板ヨレヨレ表現のためだ。コルセアは褪色はしているがパネルはビシーッと揃ってリベット跡すらない。アメリカの工業力の恐ろしさを骨のズイまで味わうのだ。

f:id:sigdesig:20200427114837j:plain

いい感じになってきたがここで筆を置き、一晩二晩待つ。


……一気に塗ってしまわないのですか?
……ムラを残しておくことこそが肝要じゃ。よいかコオロギ、もっと奥底を見つめるのだ。

 

  

にほんブログ村 その他趣味ブログ 模型へ
にほんブログ村


模型・プラモデルランキング

 

PVアクセスランキング にほんブログ村