sig de sig

万年青二才の趣味三昧、走る、作る、観る、聴く、憩う。

妬み嫉み

嫉む、妬む、と書いて嫉妬である。

確か七つの大罪のうちの一つだかなんだかだったと思う。

大罪というほど悪いことか、とも思うが、いざ捨てるとなると

これが実になかなか縁が切れない。

嫉妬は人間の諸々の欲望とはまた別のところで暗くうごめく不気味な奴なのだ。

 

 

学生時代の友人、仮にAと呼ぶ。

先頃、このAが業界で非常なる評価を受け、新聞紙上を賑わす著名人となった。

家族や友人知人から、ことあるごとにその話題を聞かされる。

そのたび自分は機嫌が悪くなった。

アレは昔から金持ちを鼻にかけた、ただの自慢しいだ、とか

ふん、どうせあんな評価なぞ金で買ったのだろう、だとか、

そもそも友達をころころ替える風見鶏だ、などなど。

羨ましいとは思わないが、何だか腹立たしいのである。

 

一人になると「人を嫉む妬むなどの感情をもつのは自分が至らぬ人間だからだ」

「彼も努力したのだろう」と考えようと努めるのだが、

うちの母などが「賞」だのマスコミだのが大好きな典型的な権威主義者で

Aの載った新聞の切り抜きなどをわざわざ取っておいて自分に見せたりする。

 

その度にドス黒いものがわが身の中からむくむく頭をもたげてくる。

そらぞらしいインタビュー記事などを見ては、

あんなオカマ野郎がなにを偉そうに言やあがる、などと毒づくのである。

 

こんなに嫉妬にまみれた尊大で臆病な人間なのだろうか。

自分で自分が情けなく夜の街をさまよったりもした。

 

ところが、誰でも彼でも嫉妬を感じるかというと、そうでもない。

 

まったく別の友人Bがこれまた同じ様に大変な成功を収めている。

この友人に対してはさまで嫉妬を感じない。

金儲けは大概にして早く日本に帰ってこいよ、なんて思っている。

 

さらに別の友人Cが研究で大いに成果を上げた。

嫉妬どころかPCの前で思わず歓声を上げたほどに喜ばしい。

次はノーベル賞だ、などと無茶な期待までかけている。

 

この差はどこから来るのか?

 

我が嫉妬の度合いがA>B>Cなる理由を求めてみよう。

 

学生時代の成績ではC>>A>自分>Bである。

金持ち度合いではB>A>>自分だ。Cについてはよく知らない。

誰が一番女にモテたかといえば断然Bでその他はおそらくドングリだろう。

喧嘩は、、多分全員弱い。

 

友達として好きな順に並べるとC>B>Aだ、と気づいた。

つまり嫉妬の度合いはその人物を好いているかどうか、に反比例することになる。

単純にして明解なことだった。

自分はAが有名人になる前から人としてあまり好きではなかったのだ。

  

今まで嫌っていた人物が成功する、

だからと言って「いやあイイ奴だったよ」などとすり寄るとしたら、

そういう人間はである。

 

今まで好きだった人間が成功する、

だからと言って急に「あんなのクソ野郎だ」と嫌うとしたら、

そういう人間はカスである。

 

今まで嫌っていた人物が成功する、

それが気にくわないのは、人間としてはごく普通だ。

 

そう思えばこの小さな感情も許せる気持ちになって来る。

自分は、「聖人君子」ではないのだから。