sig de sig

万年青二才の趣味三昧、走る、作る、観る、聴く、憩う。

1畳半の工房から

模型道具のお話

少し脱線する。 紫電を作りながら考えた。下面がうまく塗れたのはファレホのメタリックカラーのお陰である。上面がヘタくそなのは賞味期限の切れたガッシュのせいだ。結局ウデではなく材料や道具に頼りきりのブログ主である。 筆塗りモデリングで道具と言え…

紫電-9「わが上面色は緑なりき」アオシマ1/72製作記

下面の銀塗装がことのほかうまくいったのでご満悦のブログ主である。この勢いをかってスカッと上面色を塗って一気に完成ダー!と鼻息も荒く臨んだのだが… いつものように薄く溶いたガッシュを乗せていく、、、アレ?うまく塗れん? 乾燥が遅い、ムラになる、…

紫電-8「筆塗り銀,怖るるに足らず」アオシマ1/72製作記

南蛮渡来の絵具、ファレホなる、ライトのスチールを紫電に塗るめり。いざ参る。 されば例によって馬手の平らかなる尾翼で様子を見てのち、ゆるりと筆を進めゆく所存なり。 まずは一太刀、筆塗りの段。何やら面妖なる筆ムラが残りありしかども、焦りていたず…

紫電-7「カゲロウお銀を味見する」アオシマ1/72製作記

さて紫電の下面はカゲロウお銀、いや無塗装銀だとして、問題はどうやって塗るか。 ”ノンスメル・モデリング”でいきたいから使うのは水性塗料だ。しかるに水性のメタリックは総じて粒子が粗い。無塗装というよりは銀ラメ、塗るとキャバ嬢のネイルみたいになる…

実験体 P47号”D”

世界制覇をたくらむ悪の秘密結社「工房s.i.g」のシリガミ博士による水性塗料地下実験は失敗に終わった。しかしそこで生贄となった被験体「P47号D 」ことリパブリック・フォン・サンダーボルト、通称”サンボルのおっちゃん”のその後が今回の話である。 「あ〜…

紫電-6「下面の謎」アオシマ1/72製作記

それにしても暑すぎる今日この頃、バイクはおろか自転車すら生命の危険を感じ(オオゲサ)、模型製作もブログ更新も滞りがちなブログ主である。 夏休みだというのにどこにもGo toせず、唯一出かけた本屋で目に飛び込んで来たのは「強風・紫電・紫電改」というカワ…

ジョンとガッシュのダブルファンタジー

アクリジョンの実力とやらを スーパー無臭塗料“ジョン・ガッシュ” おっちゃんの最期 新水性カラー 近所のジョーシンで嬉しそうにアクリジョンカラーを買ってきたブログ主である。 中島系と三菱系が混じってるとか明灰白色の方だけが”光沢”だとか”J3”っぽくな…

鼻利きモデラー無臭模型の道を行く、の段

クレオスのアクリジョン・ベースカラー の使いやすさに今更ながらに出会ったブログ主である。 ちなみに"アクリジョン専用エアブラシ用うすめ液"は無臭。それでいてある程度はラッカーも落とせるので用具の掃除などに使えば無臭モデリングには良さそうだ。一…

紫電-5「真夏の筆塗りの夢」アオシマ1/72製作記

士の字になった紫電 マスキングしたキャノピーを丁寧に擦り合わせてから胴体に接着。接着剤はPitマルチ2を使用。胴体との隙間は埋めておく。フレームは機体内部色で塗ってから光の透過を防ぐためにブラックアウト。 そしていつも通りタミヤアクリルで下塗り……

紫電-4「飛行機模型の優先順位」アオシマ1/72製作記

優先順位といっても別段大したものではない。僕は細部に凝りまくるね、とか、あら私はプロポーションが大事だわ、とか、ワシャ何ちゅうても塗装が命じゃ!とかそういう話ではなく、飛行機の模型を作るときにどの部位を優先的に扱うか、ということだ。だから…

紫電-3「エンジンあるところに排気管あり」アオシマ1/72製作記

まこと栄光の影に数知れぬ戦闘機の姿があった。 命をかけて歴史をつくった影の飛行機たち。だが人よ、名を問うなかれ。 闇に生まれ、闇に消える、それが戦闘機の定めなのだ。 紫電!お前を斬る! エンジン 排気管 エンジン 旧版とリニューアル版のエンジンの…

紫電-2「紫の下ごしらえ」アオシマ1/72製作記

国籍マーク・スジボリ・リベット コクピット パイロットの新旧比較。 国籍マーク・スジボリ・リベット 前回苦労した国籍マークのケガキをパーツの段階でやっておく。 こんな作り方したのは生まれて初めてだ。 せや、ついでやさかい筋彫りもリベットも片付け…

紫電-1「アオシマの良心」アオシマ1/72製作記

パーツ エンジン コクピット パイロット 仮組み それではアオシマの1/72紫電11型甲の製作に入ろう。 実はこのキット、発売後十数年ほどたった頃だったかに一度リニューアルされている。紫電改のカウリング形状にやや致命的なミスがあって、そちらの改訂に合…

「Why Aoshima?」紫電11型 序章

零戦、コルセア、ヘルキャットと続いた”お気楽ナナニイ筆塗りシリーズ”である。次はワイルドキャットとも思ったが青い機体に星のマークばかりも飽きがきた。ヘルキャットのライバルといえば戦場では零戦52型、ではあるものの登場時期、性能、規模などを考え…

甘酸っぱい青島の思い出

青春ではなく青島です。都知事のじゃなくて事件は現場で起きてんだの刑事でもなくてプラモデルのアオシマ、です。 自分がプラモデルを作り始めた1960~70年代前半は電動可動全盛期であった。戦車も車もモーターかゼンマイでビューンと走ってはタンスに激突し…

南太平洋の覇者

完成したヘルキャットを南太平洋で戦ったライバル達と並べてみよう。 同陣営のライバル比較 チャンスボード社の野心 京都竹屋町通り西入ル 蔵万鉄工所 零戦52型との比較。 同陣営のライバル比較 初飛行はコルセアが二年も先。ところが野心的な設計が仇となっ…

完成画像 F6F-3 ヘルキャット ハセガワ1/72

F6Fグラマン・ヘルキャットは1942年6月に初飛行。 同時期に初飛行したのはホーカー・テンペスト、紫電など。 2000馬力のP&W ダブルワスプ、F4Uコルセアと同じエンジンを搭載。胴体には巨大な燃料タンクが内蔵され、その上の高い位置に配置した操縦席が特徴。…

「性悪女に軍馬の手綱を」F6Fヘルキャット-7 ハセガワ1/72

筆使いと固定 凸凹 仕上げとウエザリング 小物 完成 筆使いと固定 細かいところを面相筆で描くにあたっては、飛行機模型では馬鹿でかい主翼や尾翼が邪魔になって仕方がない。 機体と右の掌のどちらかがグラつくと線がヨロヨロになる。…スイマセンねどうにも…

「妖かし猫に涙の機番を」F6Fヘルキャット-6 ハセガワ1/72

国籍マークの次は機番を手描き。 デカールのコピーから機番26を下書きする。 はなっから歪んでるぜアニキぃ。 いいんだよ目安だから大体で。 その裏側を4Bの鉛筆で塗りつぶす。周囲に両面テープを貼って… 所定の位置に貼り付ける。 その上からなぞる… 転写さ…

「魔女の体に星の印を」F6F-ヘルキャット-5 ハセガワ1/72

全体塗装が終われば今回のハイライトが待っている。 褪色表現 ステンシル ケガキ 主翼下面マーキング 胴体のマーキング 主翼上面マーキング 褪色表現 綿棒はたっぷり水を染み込ませる。 パネルの継ぎ目などは先を切ったツマヨウジでキシキシとこすってやる。…

「魔性の猫娘に青いドレスを」F6Fヘルキャット-4 ハセガワ1/72

さてヘル猫の塗装である。米海軍のトライカラーは前作のコルセアと同じだ。塗装手順も前回通りだから簡単ヘープー、と思っていたが…… Take-1 Take-2 Take-3 Take-4 Take-1 極薄ガッシュをパネルラインごとに塗っていく。 ここまでは、問題なし。 新しい試み…

「化け猫の皮に下ごしらえを」F6Fヘルキャット-3 ハセガワ1/72

赤ーコーナー、2350パウンドー46リッター、18気筒2000馬力〜、プラット&ホイットニー、ダブルワースプ!!! ……と威勢良く紹介されたわりには素っ気ないエンジン。後列が半分埋まっているのは、どうせ見えなくなるからまあいいとして、目立つ減速機周りが丸…

「悪女の情けに深スジボリを」F6Fヘルキャット-2 ハセガワ1/72

あばずれ娘の凸モールド 全身リベットの妖しき毒婦 爆裂ボディの性悪女 遣り手婆あのカウリング周り ヘルキャット、というのはそういう種類のネコ科の動物がいるわけでなく、直訳すれば"地獄猫"だが、スラングで”性悪女”などの意味もある。スピットファイア…

「出現、地獄猫」 F6Fヘルキャット-1 ハセガワ1/72

零戦52型、コルセアときて、さて次に何を作ろうか? ゼロの32型もいいが、同じ機体ばかりというのもつまらない。コルセアのライバルといえばやっぱりヘルキャットだろう。 コルセアと同じ2000馬力のダブルワスプエンジンを積んだ機体ながら、180度違う合理的…

ロールアウト ミュージック

模型が完成したら部屋を片付けてテーブルの上に飾り、祝杯をあげることにしている。燻製をする時にもBGMが必要なくらいな自分だから、かける音楽はその機体にふさわしいものを選ぶ。そうして完成品をためつすがめつ愛でてはグラスを傾ける。これがこの趣味に…

完成画像 コルセアF4U-1a タミヤ1/72

F4Uコルセアは米海軍の艦上戦闘機として1940年5月に初飛行(タイフーン、鍾馗あたりと同期) ダブルワスプエンジンの2000馬力のパワーを余す所なく発揮する直径4mもの巨大なプロペラと着、艦時の衝撃に耐える短く頑丈な主脚という、相反する二つの要素を同時…

「無為自然の作」F4U-1コルセア-9

完成へ向けて 春風駘蕩 完成へ向けて デカールが乾燥した頃あいを見計らって最後の微調整。(実際は数日置いている) 全体のバランスを見ながら、彩度を整えたり、国籍マークの白部分にダークグレイで調子をつけてやったり。こういうことは往々にして蛇足と…

「星のマークの簡単レシピ」F4U-1コルセア-8

実は国籍マークを書くにあたってまだ心が揺らいでいる。試しに機番のようにデカールコピーからテンプレートを作ってみたのだが…… 意外と上手くできた。最初に薄手の塩ビ板と両面テープを裏打ちしておけば、キットの表面に貼り付けてガイドとして罫書きできそ…

「褪色水綿棒の術」F4U-1コルセア-7

褪色表現のため水に浸して柔らかくした綿棒を手に持ったはいいが、最初の一手がなかなか踏ん切りがつかないでいる。 ……コオロギよ、恐れる事はない。お前の内なる魂に刻まれた実機写真の褪色具合を思い浮かべるのだ。心の感じるままに無用なものを洗い流せば…

「ブルーマントの海賊王」F4U-1コルセア-6

上面色上塗り 迷彩塗り分け 上面色上塗り 塗膜の乾燥を待って上塗り。 やや濃い目のガッシュでシーブルーの発色具合をみながら均一に塗りつぶす。…ホー先生、せっかくいい味が出たムラをノッペリ均してしまうのですか?…コオロギよ、埋めた石は後で掘り出せ…