sig de sig

万年青二才の趣味三昧、走る、作る、観る、聴く、憩う。

モンスターで往く!

半年振りのモンスター

Stay Homeと長梅雨と猛暑でこの半年は自分の中でバイクの存在が消えかけている。最近中免を取得した甥っ子にメッシュジャケットと夏用ブーツを譲ろうかなどと思うほどに。(愛車はカブ90で趣味が違うから有難迷惑だろう) そうこうしているうちに目も頭も眩む…

桜はまだかいな

息が詰まる様なニュースばかりの中に小さく[桜開花]の報を見つけた。まだ早いのだろうとは思いながらも気塞ぎのウサを晴らす為、"梅は〜咲い〜たか〜”とばかりに冬眠中のモンスターにキーを差し込んだ。 "これこれ杉の子起きなさい〜" キュキュキュキュ、ス…

チェアリングツー

趣味だの嗜好だのは軽やかに愉しみたいものだ。常々「こだわり」が過ぎて他人から疎んじられる偏屈者にだけはなりたくないと思っている。きたるべき自分の次の十年に、そんな「気負いのない生活」を真ん中に据えようと思っている身にとって、「ドカの大型バ…

腰痛ライダーのシート交換

いったん話は飛ぶ。今度はバイクの話題。 前傾姿勢を嫌ってローシートにしていたのを、このたび純正に戻した。自転車の方ではあれほど前傾姿勢を修正していたのになんだか一貫性に欠けるかもしれない。 これでも本人のなかでは理屈は通っているのだけれど。…

土の上

普段よく行く道からさほど遠からぬところでちょうど頃合いの休憩場所を見つけた。土手からバイクで降りて行ける川べりの小さな自然公園だ。

春の陽に誘われて

先週の前半の話である。 どうも、暖かい。知人のバイク乗りの近況にも満開の桜が彩りを添える様になってくる。何処でもいいから自分もバイクに乗って出かけたい。身体中から生え出した「バイク乗りたい」の芽が気温20度を越えると満開になるのが単車乗りとい…

モンスターのしっぺがえし

しばらく自転車の話ばかりだった。 実際、この秋冬は、やってきたミニベロをいじったり近所を乗り回したりしていたのである。当初の目論見通り、災害復旧工事に忙しく腰の方も一進一退だった自分にとっては丁度いい短時間の外遊びとなった。それはまた追い追…

カバンを持ったモンスター

これもやや旧聞に属する。季節外れの画像にはご勘弁いただきたい。 ちかごろ、モンスターにサイドバッグをつけている、というお話である。

sig、パニガーレに乗る

オッカナビックリパニガーレ ......買ったわけではない、為念。試させてもらっただけである。 最近の話ではない、為念。半年以上前、まだ地震も台風も来ておらず、みんな元気だった6月初旬のことだ。モンスターの元オーナーたる旧友M夫妻と久々のツーリング…

ブレーキランプ5回は"コワレテル"のサイン

モンスターのブレーキランプが壊れた、とは前回書いた通り。カウルをはずしてみると、ブレーキランプの取り付け部が両方ともポッキリ折れている。これも、前回書いた通り。 sigdesig.hatenablog.com ランプユニットは配線3本だけで車体と繋がってたことにな…

湖の風に吹かれて

「五月なのに汗ばむ陽気 日中は30℃に」 という天気予報に恐れをなして大阪脱出を試みた。 こういう時には「水辺」がいい。 嬉しいことに近くには日本一大きな湖がある。 先日出来た高速ICを使えば、家から小一時間ほどで、蒸せ返るような大阪と違って、ひん…

モンスターのお漏らし

桜の時期を過ぎて気候は良いのに、ほとんどバイクに乗っていないのは、 モンスターのガソリン漏れ補修に追われいていたからである。 実はガソリン漏れは2回目だ。 前回は燃料パイプの劣化が原因で走行中にボタボタ漏れ出して危険だった。

新名神

「お手軽バイクの方が気楽だぜえ」 などという声がチラホラ聞こえてくる、ここ数年となった。 「オマエも無理して間尺にあわないドカなんか乗ってないでサ」 などと大きなお世話をやく。 人それぞれである。 カブでもSRでもオフロードでも好きなものに乗れば…

Monster has nine lives

モンスターの車検も4回目を迎えた。 気がつくとこの800は9年目だ。 モンスターと名のつくバイクをもう15年も相棒としている。 自分のバイク歴は通算25年足らず、 その6割をドカティと過ごしてきたことになる。。。

静かな空間

バイクでいつもの山道を行くと先週の台風で通行止めになっている。 仕方がないので左に折れてみた。 しばらく行くとつづら折の1車線の峠道。 崖下の渓流は水かさが多く白い波が立つ。 雨が降ったのはもういく日も前なのに、山の保水量は大したものだな、 と…

驟雨紀行 2

街道には「コーヒー」と書いたのぼり、 一、二本が風にはためいているきりである。 その店は一本奥に入ったところをさらに左に折れたところにあった。 どうりで今ままで見つけ出せず、通り過ぎてきた訳だと合点がいく。 道沿いだろうと勝手に思い込んでいた…

驟雨紀行 1

写真でも撮ろうかと久々に腰にミラーレス一眼を下げてバイクで出掛けたものの、 小春日和との天気予報は見事に外れてどんより曇り空。 安易に国道沿いを縫っていたからでもあるが、 そうそう都合良く、フォトジェニックな景色に巡り逢えたりはしないものであ…

嫌、のち楽しい

いささか「嫌なこと」が続いた。 そんな昼前である。頬杖をついて外を眺めていると、なんだか天気も良いようだ。気晴らしにバイクで出掛けるか。 仕事? なくはないが、是が非でも今日やらなければならんことも、ない。 自らの精神の安定こそが自らのパフォ…

高いところが苦手

この地でも有数の大きな川の堤防道路、 ゴミ焼却場の手前あたりを通ると綺麗なRを描いた90度のカーブがある。 ここをバイクで通るたび、自分はなんというアカンタレなんだと知らされる。。。

好日単車行

自分の周りでも結構ドカティ・モンスターに乗る人がいた。 それが最近ではみんな、それぞれハーレーやレプリカ、リッターマシンなどに乗り換えて行ったらしい。 寂しい気もするが、人それぞれにバイクの楽しみ方があろう。

7年目

モンスターの車検も3回目を迎えた。 気がつくとこの800は7年目だ。 モンスターと名のつくバイクをもう13年も相棒としている。 自分のバイク歴は通算25年足らず。 その半分以上をドカティと過ごしてきたことになる。

小心者

自分は意気地なしだ。 怖がりで小心者だ。 そんな人種がバイクに乗っているのは自分でも不思議な気がする。。。

一生に一度はSR

本屋に行ってボンヤリ立ち読みをしてる。ヤマハ SRのムックが出ている。サブテーマに目がいった。「一生に一度は乗りたいSR」なるほど、そうきたか。。。

バイクに乗れないストレス

「休みの日にバイクに乗れないとストレス発散できないんですわ〜」という人がいた。 気持ちはわかる。とても良くわかる。 こういう時は、本当にストレスが雲散霧消しますねえ

白い鈴木

いつもの山道をのんびり二人で下っていた。 前を行くのはでかいニンジャ。 ミラーにバイクのライトが二つ映ったな、と思ったら、あれよあれよで車間がつまる。 信号待ちでその二台は左手を上げ会釈しながら我々の前に出た。 男女はどちらも白いスズキのバイ…

バイク雑誌の反省

図書館の雑誌コーナーで、"A"出版社のバイク誌を見つけた。 中を見て「おおっ」と思わず声をあげそうになった。 「公道でバンクの深さやコーナリングスピードを競うことに何の意味もない」 と大書されていたからだ。。。

2013信州ツーリング 「エピローグ」

次の日も御嶽は頭を雲間に隠していた。オーナーと奥さんに「じゃあまた」と言って、開田を離れる。iPhoneでも結構いい絵は撮れると、しとしと雨が降り出す。ま、そんなことだろうと思ってたよ。今回は。これでも単車乗りだからいまさら多少の雨では動じない…

2013信州ツーリング その5 「山のふもとを右往左往」

さて、まだ陽は高い。下調べして来た御嶽湖から登山口を目指す道を走ってみる。開田の伸びやかな高原風景とは少し違った趣きの道が続く。こちらは木曽谷と同じ雰囲気の狭い山間路だ。道端には墓地みたいなのがいくつかある。下手の横好きながらもこれで二十…

2013信州ツーリング その4 「美神に詣でる」

一夜明けた。ダメ男にもダメツーリングにも朝は来る。窓の外、天候はまずまず。単車乗りにとって好天はなによりの幸運。と朝食バイキングの隣席の納豆のニオイを振り切る様に車山を抜ける。ビーナスラインを天高くとばかりに駆け上がる。いつもの展望台でこ…

2013信州ツーリング その3 「夜霧よ」

暮れなずむ蓼科の山道に街灯などありはしない。対向車も前走車も滅多といないから前後左右は真の闇。バイクのライトだけが頼りである。おまけに濃い霧が出てきた。「♪夜霧よ今夜も、ありがとおおう〜♪」なんて唄ってる場合ではない。「夜霧の峠道」なんざ単…